学校長挨拶

石垣市立宮良小学校
 校 長 仲 間 一 史 

    平成31年(令和元年)
   「夢いっぱい」の宮小っ子とともに!


  今年度も、校訓「まごころ」と「知恵出せ 汗出せ 力出せ 豊かな心で 創り出せ」の合い言葉の下、職員一同「師弟同行、率先垂範、和顔愛語、啐啄同時」の意識高く、協働体制で学校教育目標の実現に向けて邁進して参ります。宜しくお願い致します。
 特に、今年度は、子ども一人一人の夢を大切に育んで参りたいと考えています。そのために、まず、全ての児童の夢(将来の目標・実現像)を全校で共有し、互いの生き方を尊重し応援し合える、共感的・支持的風土の醸成を学校レベルで目指して参ります。
  また、今年度は「児童が通いたくなる、保護者が通わせたくなる、職員が勤めたくなる、地域が応援したくなる」学校を理想の学校像とし、年間を通して、達成具合を常にふり返り、見直し修正を行いさらに良い実践に繋げていくために,P計画・D実践・C評価・A改善のマネジメントサイクルに則った学校運営に心がけていきます。
 さらに、昨年度まで推進して参りました「沖縄県教育委員会指定・体育スポーツ推進校」の成果と課題を下に、今年度も引き続き(自主研修として)体育学習の指導力向上への工夫改善を中心とした、全教科・領域の指導力向上に努めて参ります。
 その中で、全児童と職員・保護者・地域が「学校教育活動の目的」を強く意識し取り組める「チーム宮小」となれるように、日常の連携強化を推進していきたいと考えています。
 伝統ある2大行事「川下り」「黒糖づくり」の40年目の節目にあたりくしくも元号が改元される今年度が、これまで以上に、さらに充実した一年になりますよう諸環境整備にも努めて参ります。保護者の皆様、地域の皆様、関係機関の皆様、本校教育活動へのご理解とご協力を賜りますよう今年度も宜しくお願い致します。