〒907-0451 沖縄県石垣市字桴海299-45 TEL:0980-88-2143 FAX:0980-84-4976 MAIL:tomino-st@ishigaki.ed.jp
 

カウンタ

COUNTER525053
H26.8.18~現在

オンライン状況

オンラインユーザー5人

石垣島(石垣島)の天気♪

 

お知らせ

 
 

IMAGINE

校舎配置図

 

校区の概要

本校は、石垣島中央を走る於茂登山系の北部山麓に位置し、校区は石垣島一周道路に沿って点在する米原、富野、大田の小さい集落からなっている。富野集落は、旧桴海集落と終戦後各地から自由入植した人々により形成された。米原集落は、琉球政府の計画入植により沖縄本島の読谷村出身者を中心とした集落である。大田集落は、開拓のため自由入植した人々でできた集落である。どの集落も過疎化が進んでいるが、近年は他府県からの移住者もかなり多い。また、富野地区には平成18年に市営団地ができ、新たに4世帯が入居し活気がでてきた。

学校の位置は、富野集落にあって石垣市街地より約18㎞の地点にある。於茂登トンネルの開通により交通の便が良くなり、学校前の県道をたくさんの自動車が行き来している。本地域はサトウキビ、水稲の生産地で農業が主な産業であったが、時代の変化とともに職業も多様化している。米原海岸は、海水浴やシュノーケリングを楽しむ観光客が年中訪れ、観光客相手の民宿やみやげ品店・食堂等色々な職業が出ている。地域の人々や保護者の学校への協力はきわめて積極的で、学校行事や環境整備には、喜んで協力してくれる。さらに、教育に対する理解は深く、子どもたちの教育には強い情熱を寄せ、今日の学校の基礎を築いている。

 

学校の概要

本校は昭和27年に川平小学校富野分校として開校し、昨年創立64年を迎えた比較的新しい学校である。学校をとりまく自然環境は、桴海於茂登の雄姿が南方にそびえ、北方には青々とした東シナ海が広がる恵まれた教育環境である。校地は広く「花いっぱい・緑いっぱい、そして美ら心の富野校」をキャッチフレーズに全職員・全児童一緒に美化作業や草花の栽培活動に取り組んでいる。その結果、これまでに、市や県の主催する美化・緑化コンクールにおいて幾つもの表彰を受けている。

学習指導においては、極少規模学級のため複式指導が行われている。少人数のため一人ひとりに目が行き届き、個に応じた指導により基礎・基本の定着の徹底に努めている。また、隣接する吉原小学校・崎枝小中学校・川平小中学校との集合学習を学期に1回開催し、小規模校で体験できない集団での学習を行っている。

恵まれた自然環境を生かし、平成20年4月から平成23年3月31日の期間、県指定の環境モデル校として「サンゴ等海生生物調査にかんすること」の指定を受け、富野海岸における「コーラルウオッチ」の研究に取り組んできた。また、平成25年度は、小学生によるサンゴ礁学会での発表も行い、現在も研究を継続し、環境学習に取り組んでいる。