出席停止等について

出席停止等の対応について


●インフルエンザ
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児3日)を経過するまで。
●百日咳
特有の咳が消失するまで。または5日間の適正な抗生物質製剤による治療が終了するまで。
●流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下線又は舌下線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで。

●咽頭結膜炎(プール熱)
主要症状が消退した後2日を経過するまで。
●急性出血性結膜炎
症状により学校医その他の医師において、伝染の恐れがないと認めるまで。
●流行性角結膜炎
症状により学校医その他の医師において、伝染の恐れがないと認めるまで。

インフルエンザ・結膜炎(急性出血性結膜炎・流行性角結膜炎)罹患時の対応について
     
①インフルエンザ・結膜炎に罹患した場合は、回復届書を提出しなければはなりません。
保護者が記入する「インフルエンザ回復届出書」「結膜炎回復届書」を、お子様が登校した際に持たせて下さい。
     
②医療機関からの薬の説明書(コピー可)も併せて提出をお願いします。
※回復届書が未提出の場合は、出席停止とはならず、欠席扱いになる場合もありますので、あしからずご了承下さい。

各家庭にお配りしている毎月の保健便りで、病気やけがの予防などについてお知らせをします。
ぜひご覧ください。



インフルエンザ回復届出書.pdf         結膜炎回復届出書.pdf